ビューティーナビコラム

プロが学ぶ!kakimoto arms のカラーリングテクニック

2017年7月18日、六本木にてkakimoto armsハイライトデザインセミナーが開催されました。前回のヘアショー同様、国籍問わず様々な地域からおよそ400名の美容師が会場に集いました。

トップカラーリスト30名によるモデルデモンストレーション、モデルそれぞれにカスタマイズしたヘアカラーデザインを、会場を4つに区切りクラスルーム形式で行われました。『ハサミを持たない美容師』、いわゆるカラーリストが様々な技法を見せてくれました!









皆さんは『ハイライト』と言えばどんなものを想像しますか?
例えば、一昔前の昔のイメージで、コギャルが奇抜な色のエクステを付けたり、金髪の筋を付けたり……なんとなく派手な印象を持っている人も多いのではないでしょうか?
実は、現在は自然な仕上がりでおしゃれなものに進化しています!中でも、kakimoto arms(以下カキモト)は特に力を入れており、来店するお客様の約35%がハイライトを求めているのだそう。
では、なぜカキモトのハイライトが求められるのでしょうか?
1つは毎年新しいスタイルを考案しているからです。セミナーで紹介されたスタイルだけでも【スーパー3Dカラー】、【ミランダライツ】、【ジェシカライツ】、【スーパーグラデーション】、【フリンジライツ】などがあります。
かき上げ前髪に相性の良いものや、ショートカットに効果的なものなど1人ひとりのスタイルにあわせた技法を毎年考えているのです。







他にも、お客様の悩みやなりたいスタイルをしっかりと組みとり実現する技術力、美しいスタイルを継続していくためのプランニングもあります。

今回の講習では、髪型&前髪から考えるハイライトの入れ方・入れた時のイメージの違い・光と影のバランス・色の効果など、幅広く具体的に披露してくれました。これだけ計算されている技術だったのかと改めて思い知らされました。今回のセミナーの技術を様々な美容師が学ぶことで、ハイライトがよりメジャーなものになる日も近いのかもしれませんね。



「いつものカラーで満足できない……」「なんとなく染めてもらってる」こんな方は一度『ハイライト』を試してみてはいかがでしょうか?
いつもの髪型も、ハイライト次第で美しく華やかに変化しますよ♪